塾・予備校のメリットの話し

予備校に通った方が良いの?

予備校に通った方がいいのか?

受験勉強を始めるにあたって、このような悩みを抱える方もいらっしゃるかと思います。

私自身、予備校に通ったことで様々なメリットを感じました。

予備校に通えたお陰もあり、結果として難関私立大学や国立大学に合格することができました。

予備校に通うメリットを上手く活用できたことが、志望校へ合格できた要因だと感じています。
本記事では、私が実際に予備校に通っていたなかで、「予備校に通って良かった」と感じた点を中心にお話しします。
予備校に通うか悩まれてる方や、予備校に通っているが成果が感じられないという方の参考になれば幸いです。

予備校に通うメリット

ここからは私の体験談を踏まえて、予備校に通うメリットをお伝えしていきます。

振り返って見ると、大きく6つのメリットがあったと感じています。

・講師のサポートが手厚い
・自習室を活用できる
・友達がいる
・オリジナルのテキストや小テストが用意されている
・好きな講座を受講できる
・情報収集ができる

詳細についてお話ししていきます。

講師のサポートが手厚い

志望校や勉強方法に関して、予備校の講師からアドバイスを受けることができるというのは非常に良かったです。

私自身、担任の先生がいる予備校に通っていました。

予備校では授業を受けるだけでなく、担任の先生がいることで様々なアドバイスを受けることができ、受験勉強の大きな助けになりました。

具体的には、志望校に合格するための勉強方法、模試結果からの受験校選定等のアドバイスを頂きました。

 

自習室を活用できる

予備校の自習室は好きな時に好きなだけ使えます。

私語厳禁ですので、勉強に集中できる環境です。

家では長時間勉強できない、集中がすぐに切れてしまうという方にはおすすめです。

予備校には過去問も置いてあることが多いと思いますので、自習室で色々な学校の過去問を解くといった活用方法もできます。

友達がいる

受験勉強は孤独感を感じることが多いです。

適度に予備校で友人と顔を合わせることで、気分転換やモチベーションアップになりました。

模試の結果や勉強の進捗度合を共有していました。
お互いに励ましあえる友人がいたことで、受験を乗り切れました。

オリジナルのテキストや小テストが用意されている

自身のレベルに合わせた授業が豊富に用意されており、効率的に勉強する環境が整備されています。

私が通っていた予備校では、テキストに復習用の問題がありました。

授業で習ったことを振り返りながら、次回の授業での小テストで自分の理解度を確認するという流れがあり、着実に知識を定着させることができました。

好きな講座を受講できる

自分に必要な科目・講座のみ受講することができます。

得意科目は応用レベルの講座を受講し、苦手科目は基礎レベルから勉強するという風に講座を選んでいました。

得意科目は授業を受けずに、ひたすら問題集・過去問を解くという勉強方法でもよいかもしれません。

自分に必要な授業を選ぶことが重要です。

また、「〇〇大学対策」といった授業もあり、志望校対策ができるというのも予備校ならではかと思います。

私自身、1人で過去問を解いても解説が理解できなかったり、傾向が掴み切れないということが多々ありました。

志望校ごとの傾向把握と、頻出問題の解き方を学ぶという意味で上記講座を受講できて良かったと思っています。

情報収集ができる

受験に関する情報収集ができるというメリットも大きいです。

予備校には「志望校に合格するためのノウハウ」が蓄積されています。

大学ごとの出題傾向や、最短時間で問題を解くテクニックなど、志望校対策に特化したノウハウを学ぶことができました。

独学だと見落としていたであろうポイントや、学習する範囲の優先度付けといった観点でもメリットがありました。

予備校に通うデメリット

予備校に通うデメリットとしては、「費用が高い」というくらいしか思いつきません。

コンテンツや環境が充実していることもあり、年間で50~100万円かかることもあります。

コストはかかりますが、個人的には通う価値があると思っています。

一方で、以下に該当する人は無理に予備校に通う必要はないかと思います。
・問題集や過去問を解き、分からないことは自分で調べて解決できる人
・自分で学習計画が立てられる人

・高校の先生が大学受験についての最新情報に詳しい

上記3点に一切の不安がないという受験生は独学でも十分志望校に合格できるのではないでしょうか。

最後に

予備校に通うメリットについて、私の体験談を交えながらお話しさせていただきました。

良い点を中心にお伝えしましたが、「予備校に通えば志望校に合格できる」なんてことはありません。

「志望校に合格するために予備校を有効活用する」ということが一番重要です。

高い費用をかけて予備校に通うのであれば、余すところなく「予備校のメリット」を使い倒して下さい。
予備校を上手く活用しながら、実りのある受験期間を過ごしていただければ幸いです。
klerfk著
最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!動画編集スクール