暗記の方法

暗記科目との向き合い方

はじめに

記憶の山に埋もれそうになりながら、多くの学生が暗記科目の意義を見出せずに悩む。ある日、私もその一人でした。無関心な内容を頭に詰め込むことの苦痛は、ただの作業に思えてならなかったです。しかし、この疑問を持つこと自体が、暗記科目と向き合う最初のステップだったのです。この記事では、暗記がもたらす意外な価値と、それを効率良く学ぶ方法を探ります。暗記科目は、好きか嫌いかで判断するものではなく、それをどう乗り越えるかが重要なのです。

暗記の本質

暗記科目に対する一般的な認識は、しばしば否定的です。多くの学生、そしてかつての私も、その行為を「世界で最も無意味な作業」と断じかねないほどでした。しかし、この認識を一変させた出来事がありました。高校受験の勉強中、私は歴史の暗記に四苦八苦していました。そんなある日、偶然見たドキュメンタリー番組が、暗記した歴史の事柄が実際にどのように世界を形作ってきたのかを示していました。突然、教科書の中の名前や年号が、生き生きとした物語に変わりました。この経験から、暗記はただの作業ではなく、深い理解への必要なステップであることを学びました。暗記は、知識を内面化し、自分のものにする過程であり、学びの本質に触れるための手段なのです。

効率的な暗記戦略

暗記の方法には様々なアプローチがありますが、私が見つけた最も効果的な戦略は、アクティブラーニングに基づくものでした。かつて私は、ひたすらテキストを読み返すことで暗記しようと試みていましたが、これは時間の無駄であることがすぐに気づきました。そこで私は、手を動かすことにしました。具体的には、重要な情報をフラッシュカードに書き出し、それを何度も手に取っては見返す方法です。また、重要な語句を声に出して読み上げることで、聴覚からの学習も加えました。この方法は、情報を脳に定着させるのに驚くほど効果的でした。アクティブに情報を反芻することで、知識がより深く、長持ちするようになり、暗記の苦痛が効率的な学習プロセスへと変わりました。

暗記科目との向き合い方の確信

しかし、私はすぐにこのアクティブラーニングという思考回路に至ったわけではありません。私がこれが一番自分に合って効率のいい方法だと確信するのには、歴史の暗記だけでは証拠不十分でした。そこで、私は高校時代の化学の実験を思い返しました。

高校時代、私は化学が苦手でした。化合物の命名規則や化学反応の種類を暗記することに大きな苦痛を感じていました。理系だけど、これだけは本能的に拒否していました。しかし、実験をしてから暗記をするとやはり脳に刻まれる度合いが黒板で見て覚えるのとでは雲泥の差がありました。ここでやっと、脳に刻まれるような、刺激を与えられるような方法が一番暗記することにおいては重要なのだと確信に至ったのです。

暗記科目の隠された価値

長年にわたり、暗記科目に対する苦手意識は私の中に深く根付いていました。しかし、大人になってから振り返ると、その苦労が決して無駄ではなかったと感じる瞬間が頻繁に訪れます。特に、大学で専門用語や複雑な概念が次々と登場するため、暗記が必須でした。そんなときふと、学生時代に培った暗記スキルが意外なほど役立つことに気づかされました。

例えば、将来新しいプロジェクトのために未知の専門分野について学ぶ必要があった時、暗記科目への取り組み方が大きな力になるでしょう。情報を効率的に頭に入れる技術、そして何よりも、新しい知識を迅速に吸収し、自分のものにする能力は、暗記科目との葛藤の末に得られた産物だと思っています。歴史や地理などの科目が単に過去や世界を学ぶためだけでなく、将来未知の知識を学ぶための予行演習であったことを大学生になった今は実感しています。

まとめ

学生時代、暗記科目との闘いは私にとって避けられない試練でした。しかし、時間が経ち、社会に出てから振り返ると、その「試練」がいかに貴重な学びの機会だったかを深く理解するようになりました。化学の実験が示したように、暗記を超えた理解へと進むことで、知識はより深く、私たちの内面に根付くものとなります。暗記は単なる情報の蓄積ではなく、世界を理解し、新しい知識に挑むための基盤を築く作業だったのです。

今中学生、高校生の諸君は、今は暗記に対しては困難で退屈なものかもしれません。しかし、これは未知の知識を探求するための礎を築く過程でもあります。あなたたちが今、暗記科目に挑むことは、将来の成功への投資であると保証しましょう。

 

K139著

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!動画編集スクール