進路で悩んだ話し

進路に迷った時に!【進路決定のススメ】あなたが選ぶ選択に間違いはない。

「将来自分が何をやりたいのかわからない」

受験を間近に控えた時期であるにもかかわらず、
そう思っている受験生も中には多いのではないでしょうか。

”進路を決定する時には将来なりたいものを決めておかなければならない…”
”周りのみんなはもう自分の未来の姿が決まっている、
だから自分も決めなくてはいけない…”

など、
まわりの意見や姿に流されて自分のやりたいことが見えず、
しぶしぶ将来を決めてしまうことがあるのではないでしょうか。

初めての受験・就職を決める時だからこそ
「一度の人生、選択肢を間違えてはいけない」と
思い詰めている方がいらしゃるのではないでしょうか。

この記事では、
そんなあなたに、落ち着いて、
自分の未来を考えてもらうきっかけになればいいなと思います。

職業としての可能性

看護師や教師、公務員、システムエンジニアなど
昔から人気の職業に負けず

現在はeスポーツが盛んになったこともあり、
“プロのゲーマー”や

SNSやYouTubeの普及に伴い“YouTuber”など、
以前はなかった職業が新たに誕生してきました。

職業選択の多様性に伴い、
一人ひとりの選択肢も広がり
進路に迷うことも多くなってきたように思います。

私自身、
高校3年生の時には「これになりたい」と自信をもっていえる夢や目標はなく、
進路決定にとても苦労しました。

そもそも自分は進学を希望していて受験をしたいのか…
それさえもわかりませんでした。

親からは「将来のことを考えて、進学する大学を決めなさい」と言われるものの
やりたいことがわからないから決められないと悩んでいたのです。

けれどそれは、本当にやりたいことがないのではなく、
まだ気付いていないパターンでもあったのです。

ではどうすればよいのか。

実際に私が悩んでいた時に
教師から言われて心に残っている言葉などを基に、

やりたいことがある場合と何もわからない場合で分けて、
少しずつお話を進めていきたいと思います。

① やりたいことがある場合

進路決定の場において、自身の意志が定まっており、
やりたいことやなりたいものがはっきりとしている場合は、
そのまままっすぐ進む勇気を持ってください。

「自分には似合わない」「今の自分には難し過ぎる」と思い、
そのまま挑戦もしなければきっと後悔は残ってしまいます。

もし、今の学力でその進路に向かうことができないのであれば、
まずはしっかりと考えてください。

今の状況がどうなればその道へ進めるのか 例)学力UPが必須である
そうなるためにはどうすれば
よいのか
例)学力UPのため、勉強をして成績を上げる必要がある
自分の力だけでどうにかなる
問題か
例)独学でいけるのか、それとも塾や家庭教師に頼らなければならないのか
その問題に対する
リスクはどうか
例)塾に通う場合その費用は親に出してもらえるか

など、一つひとつ細分化していくと、
今の自分にできること・やらなければならないことが明確になり、
迷いは少しずつ消えていきます。

② やりたいことがない場合

やりたいことがない場合は、
まず「進学or就職どちらにするのか」を考えてみてください。

その際、好きな分野や興味があることなども
絡めて考えていくのも良いと思います。

”やりたいことはないけれど、〇〇の分野に興味がある。
だから勉強しながら、これからのことを考えたいから進学する。”
”周りが進学するからとりあえず自分も進学してみる。”

など、理由はどちらでもよいと思います。

就職する場合も
”やりたいことはないけれど、
バイトではなくまずは自分の力で生活費を稼いでみよう”
”学生を続けるより、周りよりも早く社会人になりたい”

など、こちらも理由は何でもよいと思います。

大切なのは「なぜその道を選んだかを自分の言葉できちんと説明ができること」
それだけで良いと思います。

実際、その道に進んでから最もらしい理由が見つかるケースもありますし、
その道に進んだからこそ見える景色もあるでしょうから、
深くは考えなくて良いと思います。

進路決定の注意

進学・就職どちらの道に進むにしても
まず初めに注意しなければならないことがあります。

それは「時期」に気を付けること。

進学したいと思っても、それが高校3年生の1,2月の時期だった場合、
願書の提出が間に合わず、受験の機会すら失ってしまう可能性があるからです。

就職の場合も同じく、高卒で就職する場合は働き口もそれほど多くありません。

多くは、学校の進路・就職課などで求人情報を得ることが可能だと思いますが、
タイミングが合わなければ、定員の関係で面接の機会を逃してしまうことがあるからです。

そのため、自分の将来をまだ決め切れていない場合であっても、
進学・就職をするにはいつまでにその決断(手続き)が必要なのか
きちんと把握しておく必要があります。

仮にそれさえ把握できていれば、途中で進学から就職へ
または就職から進学へ切り替えることもできるのです。

どの道を選んでも辿り着くのは同じ先

ここまで、やりたいことが決まっている方・決まっていない方向けに、
注意点を交えながら様々なケースをお話してきました。

しかし最後にもう一つ、お伝えしたいことがあります。

それは「どの道を選んでも間違いではないということ」です。

これは私の持論ですが、
初めから進路が決まっていて、進学・就職した方と、
初めは何も決まっていなくても、その後の人生で進むべき道を進んできた方とでは、

目的地に到達するまでの時間が異なっているだけで、
最終的には同じゴールにたどり着くと思っているからです。

たとえ、始まりは違う道に進んでいても、
転職や社会人を経験してから再度学校で学び直すこともできるため、
自身が悩み、考え続ける限り人生はいつでも軌道修正が利くのです。

だからこそ、
初めての受験や就職を考えるときに、
「選択肢を間違ってはいけない」と思わず、
自分の気持ちに正直に道を選択してほしいと思います。

Nwejoagp著

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!動画編集スクール