受験勉強の具体的な工夫をした話し

【受験勉強を始める前に】目標の高校合格に向けて私が行ったこと3選

皆さんに一つ質問です。

入学を希望している学校の合格ラインと現在の自分の成績との距離はどれくらいありますか?

「このままの成績を取り続けられるのであれば危なげなく合格できる!!」

「今はちょうど合格ラインに近いところにいるから、合格できる確率を少しでもこれから上げていきたい」

もしかしたら、

「このままだと99%無理、、かなり努力が必要なんです、、」

という方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、志望している学校への進学なんて絶対無理、、という成績から目標の高校に入学できた自分が受験勉強を始める前に行ってきたことをご紹介いたします。

みなさんが迎える受験に対して何か一つ参考になれば幸いです。

 

受験に打ち勝て!受験勉強を始める前に行ったこと

まず、最初にお伝えしたいのはここでお伝えすることは特別なことは一つもありません!

むしろ、当たり前のことばかりお伝えしていきます。

というのも、僕自身も少しでも楽をして志望校への合格を目指していました。

巷でも効率を求めた勉強法や暗記法などがたくさんありますよね?

僕自身は勘違いしかけたんですが、効率的に=楽に、では決してないんです。

効率を否定しているのではなくて、そもそも学力を上げていく、ということについては努力をすることが大前提にありますよ、ということをお伝えしたいんです。

たくさん努力をして、目標達成をしてきた人が行ってきた様々な方法の中で役に立った方法を効率的としてご紹介している、ということを忘れないでくださいね。

冒頭にお話ししたように、僕が行ってきた内容も特別なことではありませんが、本当にやってよかったことをお伝えさせていただきますね。

1,志望校と現在の自分の距離と合格までの道筋を作る

みなさんも志望校合格へ向けて、勉強していますよね?

そうです、みなさんは目標を決めているんです。

しかし、ここで多くの人がやってしまいがちなのが、目標だけを見て自分自身の現在地をしっかりと理解せずに勉強を始めてしまうことなんです。

例えば、アメリカを目指す、ということを想像して見てください。

地図を広げて、アメリカを見つけます。

目標とする場所は見つかりました。

その情報だけを持って、みなさんは外に出ますか?

ここで自分の現在地が分からないと、アメリカには辿り着けないのは理解してもらえるかと思います。

あなたが今、日本にいるのであれば飛行機に乗る必要があるし、カナダにいるのであれば車で行ける場合もあります。

つまり、ここで言いたいのは目標を定めた後に自分の現在地を知ることで目標達成までの手段や方法さえも変わってくる、ということなんです。

皆さんのお手元には模擬試験を受験した際にもらう成績表があると思います。

それが、あなたの現在地です。

志望校合格ラインとの点数だけではなくて、教科ごとの点数や教科の中の分野で取りこぼしているところはないか、など詳しく確認して見てください。

苦手教科の応用問題は解けなくてもいいけど、基礎的な問題も落としているから基礎的な部分に関しては落とさないように対策してみようなどなど、自分の現在地を細かく知ることで見えてくることはたくさんあると思います。

僕自身は数学が苦手で基礎的な部分だけをまずは対策していました。

すると、基礎が身についたからかいつの間にか応用問題も解けるようになっていました。

皆さんも、少し時間をとって自分の成績表と向き合う時間を作って見てくださいね?

 

勉強量の全量を把握する

これは、先程お伝えした自分の現在地を知る、ということを行った後にやってみてください。

自分の現在地を知れば、特に集中的に対策すべき分野とある程度のペースで復習を行うべき分野に分けられると思います。

ここでも、すぐに勉強に取り掛かりたい気持ちはすごく理解できますがここでもう少し堪えてください笑

自分の現在地が分かったら、次は勉強するべき分野とその量を全て把握してみてください。

そして、受験日から逆算して把握できた勉強の全量をスケジュールに落とし込んで予定にしてください。

こうすることで、勉強を始めた時に受験間際になってあまり対策できていない箇所があることに気づけたり、1日の初めに今日何をするかを毎日考える必要がなくなります。

全ては勉強を始める前に予定としてスケジューリングしているので、そのスケジュールを毎日行うことで全ての範囲を網羅できるようになります。

この作業にも時間はかかりますが、受験勉強前に行うことで結果的に時間の節約となりますので取り組んでみてくださいね。

 

人と比べない

最後になりました。

これは、方法というよりはメンタル的になりますが僕自身は経験として非常に重要だなと感じているのでご紹介させていただきます。

受験が近づくと、いつの間にかクラスの雰囲気も変わりだし、クラスメートとの会話も勉強や成績に関する話題が多くなります。

すると、いつの間にか自分の中で他人と比較していたりしませんか?

志望校が同じ友人よりも成績が少し高いと安心したり、成績が下がると焦って勉強に身が入らなかったり。

人と比較することの大きなデメリットは自分とは関係ない外部的な影響で自分のメンタルが左右される、という点にあります。

ですから、覚えておいて欲しいのは注目すべきは友人の成績や周りの勉強量ではなくて、自分自身の成績を見て自分の現在地を知ることと自分が立てた勉強スケジュールだけです。

ここだけに注目してください。

すると、友人の成績などでメンタルが左右されることなく毎日安定して受験勉強に向かうことができます。

メンタル面ですから、そう簡単に変えることが難しいのは百も承知です。

紹介する僕も知らない間に比較してしまうことがありますから笑

でも意識することは誰でもできるはずです!

まずは、意識から初めてみてくださいね。

最後に

受験勉強は自分との戦いですから心が折れそうになることもあると思います。

僕自身も思うように成績が上がらずに投げ出したくなるようなことも多々ありました。

でも、そこをどうか踏ん張ってみてください。

志望合格を信じて頑張ってみてください。

皆さんの受験がうまくいくことを願っています。

oyfakl著

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!動画編集スクール