同級生に影響を受けた話し

夢に向かって頑張ること

自分の憧れや、自分のやりたいことの為に頑張れる人はカッコ良いし憧れる。

これは、俺が高校時代に仲が良かった拓郎(仮名)の話。
本当にカッコよくて、拓郎が頑張るから俺も勉強を頑張ろうと思えていた、そんな存在だった。

拓郎の夢

拓郎は受験勉強に向けて毎日必死に努力していた。拓郎の夢は、国内でもトップレベルの大学で学んで、将来は社会に貢献することだった。そのために、拓郎は高校1年生から勉強に打ち込み、模試やテストでも常にトップクラスの成績を収めていた。

しかし、拓郎が目指す大学は難関校であり、その合格には驚異的なレベルの頭脳と勉強が必要だった。拓郎は、休日や授業の合間を縫っては自習室や図書館で常に勉強に励んでいた。時には夜遅くまで机に向かい、眠気に襲われながらも勉強に打ち込む日々が続いていた。

拓郎の周りには、同じく受験に向けて頑張る友人たちがいた。しかし、彼らとは違い、拓郎は人一倍、受験に対する執念を持っていた。それは、彼の将来に対する不安や、親や先生、友人たちからの期待に対する強い気持ちが原動力となっていた。

拓郎が迎えた最後の冬休み。彼は自宅にこもり、徹底的に勉強に打ち込んだ。毎日朝早く起きて、ノートや参考書を使って熱心に勉強に取り組んだ。その間、拓郎は家族や友人たちとも、殆ど会うことはなく完全に勉強が中心の生活を送った。

いざ試験の時

いよいよ、拓郎が目指す大学の試験の日がやってきた。拓郎は、試験当日に向けて万全の準備を整え、自信を持って試験会場に向かった。しかし、そこで拓郎を待ち受けていたのは、予想外の出来事だった。

試験の問題は、拓郎が想定していたものとは全く異なっていた。拓郎は一瞬、混乱してしまった。しかし、そこで拓郎が持っていた「諦めない」という強い気持ち、周りからの期待が拓郎を立ち直らせた。自分が今まで頑張ってきたことを思い出し、自信を持って問題に取り組むことにした。

試験時間いっぱいまで、拓郎は必死に問題に向き合った。時間が経つにつれ拓郎の自信が戻ってきた。最後まで粘り強く取り組んだ拓郎は、試験を終えた後、満足感と達成感で胸がいっぱいになった。これで、合格を貰えなくても、悔いはない。そう思えるほどだった。

発表の時

しばらくして、試険の結果が発表された。拓郎は、自分が目指していた大学に合格した。拓郎は大きな喜びを感じ、自分自身の努力が報われたこと、そして周囲からの応援に心から感謝した。

その後、拓郎は目指す大学に進学し、学生生活をスタートさせた。拓郎は、入学してからも努力を怠ることなく、新しい環境に順応し、自分自身を成長させていった。

拓郎の受験勉強は、自身の成長や、自分自身の目標を達成するための糧として、拓郎の人生に大きな影響を与えた。拓郎は、自分が頑張ることで、どんなに難しいことでも成し遂げることができることを学び、自信を持って今後の人生を歩んでいった。

大学生活を通して

大学生活を送る中で、拓郎は多くの素晴らしい友人や先輩たちと出会い、自分の価値観や興味関心を広げることができた。拓郎は、自分が将来的にどのような職業に就きたいのか、より明確になっていった。

授業やゼミの活動にも積極的に参加をして、自分自身の経験や知見を高めていった。常に向上心を持って、勉強に励んでいった。

そして、大学を卒業する頃には、拓郎は大学で得た知識や経験を活かして、社会に貢献したいという思いを強く抱くようになっていた。拓郎は、自分が学んだことを生かすために、就職活動にも力を入れていった。

拓郎は就職活動中にも、また苦労を重ねた。数々の企業の選考に臨む中で、拓郎は何度も失敗を繰り返し、自信を失うこともあった。しかし、拓郎は高校時代の受験勉強で身に着けた粘り強さと、自分自身へ自信を持って、諦めずに挑戦し続けた。

そして、拓郎はついに自分が入りたいと思っていた業界から内定をもらうことができた。拓郎は、自分が昔から目指していた仕事に就くことができたことを、大きな喜びとともに受け止めた。

今では、拓郎はその企業で働きながら、自分自身を磨き続けている。拓郎は、自分がやりたいことに向かって、挑戦し続けることで、自分自身を成長させ続けている。そして、拓郎が受験勉強で学んだ「どんなに難しいことでも諦めずに挑戦することで、自分自身を成長させることができる」ということは、今も彼の人生に大きな意味を持っているのだろう。

拓郎の生き方は本当にカッコよく尊敬している。

144著

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!動画編集スクール